今だけ!!3000円以上お買い上げで【送料無料】実施中!!

ギフトラッピングについて>>

ボニタライズ 90粒

¥ 4,104 ~ ¥ 12,312 税込

【メンバー会員様まとめ買い対応】
数量

亜麻仁油+しそ油(エゴマ油)+ボラージ油+ビタミン配合で、ダイエット効果+疲れにくい体に

ビタミンB1
疲れ、疲労回復、ダイエット
ビタミンB2
細胞の再生、肌荒れ、ニキビ、口内炎
ビタミンB6
アレルギー改善、免疫機能強化
ビタミンB12
貧血
ビタミンE
血流活性、若返り
ナイアシン
コレステロール、中性脂肪を下げる効果
パントテン酸
副腎の働きを高め、若返り
葉酸
貧血
ビオチン
皮膚炎を予防

オメガ3

Aα-リノレン酸

  • 亜麻仁油
  • しそ油(エゴマ油)
  • ココナッツオイル
  • ナッツ類
    ※亜麻仁油・しそ油は加熱すると酸化しやすいので、ドレッシングに加えたり、野菜ジュースに入れたり、生でとるかサプリメントがよい。
  • DHA/EPA (ドコサヘキサエン酸)(エイコペンタエン酸)
    ※アジ、サンマ、カツオなど旬の青魚の 油脂に多く含まれる

オメガ6

Bγ-リノレン酸
※母乳にも含まれるといわれています。

  • 月見草油
  • ボラージ油
  • リノール酸
    アレルギー・アトピー体質の方は 避けましょう
  • 紅花油
  • コーン油
  • ごま油
  • サンフラワー油
    ※摂り過ぎ注意!
  • 大豆油
  • マーガリン
  • マヨネーズ
  • スナック

必須脂肪酸の働き(Aα-リノレン酸 Bγ-リノレン酸)

  1. 脳を活性化・記憶力を高め、物忘れ・ボケ防止、うつ病をサポート
  2. 心臓疾患・血液疾患・視力をサポート
  3. アレルギー症状を軽減
  4. 生活習慣病予防
  5. 美肌効果・コレステロールを調整し、中性脂肪を減らす

オメガ9摂り(過ぎ注意!)

  • オリーブ油
  • キャノーラ油
  • 紅花油
  • アボカドオイル

食べ物から摂取するほか、飽和脂肪酸と同様に体内で作ることができる

アンチエイジング

  • アルガンオイル オリーブ油の3~5倍のビタミンE

1日大さじ2杯程度でOK! 動脈硬化予防・アンチエイジングに◎!

トランス脂肪酸(食べるプラスティック)とは?

マーガリン、ファットスプレッド、ショートニングや、それらを原材料に使ったパン、ケーキ、ドーナツなどの洋菓子、フライドポテトやポテト チップスなどの油で揚げた物などに多く含まれている不飽和脂肪酸のこと。牛や羊などの反芻(はんすう)動物では、胃の中の微生物の 働きによって、トランス脂肪酸が作られるため、牛肉や羊肉、牛乳や乳製品の中にも微量のトランス脂肪酸が含まれています。

トランス脂肪酸は体に悪いって本当?

トランス脂肪酸をとる量が多いと、血液中のLDLコレステロール(いわゆ る悪玉コレステロール)が増えて、一方、HDLコレステロール(いわゆる善 玉コレステロール)が減ることが報告されています。また、身体の細胞の細 胞膜の中に入り込み、働きを狂わせ体内でビタミンなどの栄養物質を食 い荒らすともいわれています。

トランス脂肪酸が増えると・・・

高血圧・心臓病・肥満・喘息・花粉症 アトピー性皮膚炎・うつ病・乳がん・不妊 動脈硬化・生理痛・頭痛・疲れやすい・肌荒れ シミが増える・足がむくむ・・・ など 様々な症状を引き起こす原因と考えられています。

世界中が注目!トランス脂肪酸に関する各国の対応と規制が進んでいます!(※2018年現在)

【アメリカ合衆国】FDA(アメリカ食品医薬品局)によ り、2018年以降トランス脂肪酸の発生源となる油の 食品への使用を原則禁止と発表。 【カナダ】2005年より、トランス脂肪酸量 の表示の義務化。部分水素添加油脂の食 品への使用を禁止しました。 【ドイツ】食品表示法に準拠した標 記を義務付け。ドイツではトランス 脂肪酸を含むマーガリンを製造禁 止に指定しています。
【デンマーク】最終製品に含まれる油脂 100gあたり2 gを超えてはならないとする 規則を設けています。 【韓国】 トランス脂肪酸量の表示の義務化。 日本】認知度が低く、対応が 遅れているのが現状。
原材料
亜麻仁油、しそ油(エゴマ油)、ボラージ油、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、葉酸、ビオチン、ほか
お召し上がり方
食後3~5粒を水と一緒にお召し上がり下さい。

食生活が気になる方、甘いもの、油っぽいものを食べた後に。

●MADE IN JAPAN
●合成着色料不使用 ●合成甘味料不使用 ●合成保存料不使用 <

体質の合わないときは、ご使用をおやめください。
直射日光、高温多湿を避けて保存してください。
開封後はしっかりフタを閉めて保管してください。
薬を服用、あるいは通院中の方、妊娠中の方がご使用になる場合は、事前にお医者様にご相談ください。

※パッケージデザインが新しくなりました。