アバニカル パーフェクトエッセンス

アバニカル パーフェクトエッセンス

美容液

¥ 13,200 税込

30ml

IPSヒト幹細胞エッセンスを高配合
若返りのパーフェクトなお顔全体の美容液
数量

  • MADE IN JAPAN
  • 無鉱物油
  • 無着色
  • 無香料
  • ノンパラベン
  • ノンシリコン
※よく振ってからお使いください。
おすすめポイント ○ips細胞再生最新技術 ヒト幹細胞エッセンス高配合
○若返りのパーフェクトなお顔全体の美容液
○はり、弾力の生コラーゲン、老化改善生プラセンタなど、究極のエイジングケア
使用量 夜:2~3プッシュ
朝:2~3プッシュ
使い方 お顔全体になじませて下さい
クレンジング→洗顔→美白美容液の次につけて下さい。その次に、お化粧水→保湿をつけます

お客様の声

  • 年齢を重ねると疲れ顔が気になっていたところ、この美容液に出会いました。肌の細胞が元気になったようで、その後のお化粧水のなじみもとてもいいです。(50代)
  • 30代になり、美容液を探していました。夜だけつけていますが、お肌のキメが整い、とても気に入っています。(30代)

こだわり成分

アバニカルの自慢の4つの植物幹細胞成分で細胞再生

【サポナリアプミラカルス培養エキス】
植物幹細胞
氷河期から自生する強い生命力を持った、アルプスの希少な高山植物。真皮に作用し、細胞レベルで肌を活性化。真皮幹細胞の紫外線への免疫にも働きかけます
【カミツレ花エキス】
植物幹細胞
表皮の生まれ変わりを司る「表皮TA-幹細胞」の老化を抑制する作用があると言われています。一歩進んだ、よりディープな肌老化に対する効果が期待
【クチナシ成長点細胞培養物】
植物幹細胞
肌にハリと弾力をもたらし、紫外線や乾燥などの外的刺激から肌を守り潤いを与えます。
【リョクトウ成長点細胞培養エキス】
植物幹細胞
日本最古の食用豆、リョクトウ(緑豆)より、細胞の養分貯蔵庫である液胞に着目し、培養した幹細胞から抽出したエキス。肌のダメージを防ぎ、さらに強化する働きがあります。

テクノロジーから生まれたヒト幹細胞美容液

アバニカルパーフェクト エッセンス

【アバニカル パーフェクト エッセンス】は、ヒト幹細胞エキスを高配合しさらに生プラセンタ、生コラーゲン、成長因子であるEGF,FGF,KGFを独自に処方した他にはないオリジナルの美容液です。

再生医療の技術(iPS細胞)を応用した業界注目コスメ「幹細胞エッセンス」を高配合
【幹細胞とは?】人の身体は60兆個の細胞で構成されています。 幹細胞とは、その細胞のモトとなる細胞のこと。肌は表皮と真皮からなり、肌の幹細胞は、表皮と真皮のそれぞれの新しい細胞を生み出して、肌の生まれ変わりを担っています。幹細胞が減少すると肌の生まれ変わる能力が低下し、肌は老化して乾燥したり、シワ・たるみが現れてきます。肌の老化を防ぎ、若々しい肌を取り戻すには、減少していく幹細胞を増やすことが大切です。
さらに!「生コラーゲン」「生プラセンタ」配合
  • 防腐剤、香料、着色料、合成界面活性剤、アルコールを一切使用していない安心、安全処方

グロースファクター(成長因子)を含有肌の各層を活性させ、肌を再生します

  • EGF肌の上部(表皮)層に働きかける
  • FGF真皮層を構成する繊維芽細胞に働きかける
  • KGF表皮の基底層を構成する角化細胞(ケラチノサイト)に働きかける


ヒト幹細胞は様々な成分を含み増加させるとともに、コラーゲン・ エラスチン・ヒアルロン酸・生プラセンタなどの生成を促進。正常なターンオーバーを促し、肌細胞を活性化させます。

パーフェクトな美容液です!

  1. 肌細胞再生促進
  2. 抗酸化、活性酸素除去
  3. 栄養補給
  4. ハイドロゲル処方で肌の奥まで浸透
  5. 安心・安全処方
注意事項

※敏感肌の方は先にフムスローションをお使いください。

注意事項:お肌に異常が生じてないかよく注意して使用してください。化粧品がお肌に合わないとき、即ち次のような場合には使用を中止してください。そのまま使用を続けますと症状を悪化させることがありますので皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。
①傷やはれもの、かぶれなどの異常のある部位にはご使用にならないでください。使用中、赤身、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑)や黒ずみ等の異常が現れた場合。
②使用したお肌に、直射日光があたって上記のような異常が現れた場合。極端な高温や直射日光を避けて保管してください。
乳幼児の手の届かにところに保管してください。アトピー体質やアレルギー体質の方、皮膚の弱い方はご使用前のパッチテスト(上腕部内側等に塗布)をおすすめします。傷やはれもの・湿疹・かぶれなど異常のある部位にはお使いにならないでください。乳幼児の手の届かないところに保管してください。直射日光が当たったり、極端に高温や低温、多湿の場所に置かないでください。いったん手に取った化粧品は絶対に容器に戻さないで下さい。変質の原因になります。製品の特性上、開封後の長時間放置してからの再使用はおやめください。