Blog

2017 4 7

パリ生活⑸パリジャン&パリのマダム かっこよ過ぎです

蚤の市や カフェでぼーッとしてたら 
パリジャンやマダムが、カッコいい〜〜。
写してしまいました。
顔は分かりませんね。
正面顔NG,・・
↓↓赤いソックス素敵ですね。


若い人より、50代 60代以上・・の方の方が  輝く街ですね。自分らしさが、しっかりでてます。フランスは、【女性の魅力は50代から】【しあわせは65歳からやってくる】と誰もが おもい、ポジティブに年を重ねる街です。オトナが楽しむ街です。
そして みんな色の魔術師ですね。
ダンディなムッシュは、みんなスカーフを巻いてます。顔まわりが明るくなって 映えますよ。スカーフの色を メガネや靴や靴下や ベルト・・に合わせ、コーディネート抜群。参考になります。
パリジャンに 影響され 旦那改造計画?北マレ地区で、スカーフ二枚&アウトレットシャツ屋さんで 花柄シャツを買いました。顔に負ける花柄やパープルピンクのスカーフですが 何とか 着こなしてもらいましょう〜〜?
マダムにスカーフを一緒に 選んで頂きました。顔出し写真オッケーです。

女性も テーマがあって ナチュラルエレガントな方が多いです。50代60代のマダムが ミニスカートを 爽やかに着こなすって 難しいですよね。筋肉がついて、姿勢が良く、颯爽と歩く姿に 驚きでした。60代以上で、ミニスカートの方が 多いのは ビックリで 憧れますね。
いやらしくなく 健康的なボディは、脂肪がなく 引き締まってるから。バカンスで健康的に日焼けされ カッコいいですね。赤いミニスカート買います〜〜。還暦の色 笑

スカートのマダムより  パンツスタイルのオシャレマダムが 多いです。ノーマルなスカートやロングスカートの方は 見かけません(普通の70代お婆さんはトラッドスカート)
カッコいい足の綺麗なマダムはミニスカート。パリは、死ぬまで女は女。色気を忘れませんね。刺激されました。わたしもパリをミニスカートで歩きます!誓 願。
ファシオール脚マッサージ=浮腫み取りエステで、美脚目指しますね。
下のマダムは、私が見とれて追っかけをしてしまった方です。顔が出せないのが残念ですが、とっても笑顔がチャーミングで、小物のセンスも抜群な方です。自転車を置いて 入られたカフェに後をついて一緒に入ってしまった(ストーカーですね)↓↓この方です。55歳位かな?
あ〜〜。抜け目なく計算されている 自分だけのオシャレ術。それぞれが好きなスタイルで過ごせる快適さ。作り込みすぎたスタイルを好まないパリジェンヌ。
無造作にまとめたシニヨンヘアや 半乾きの寝癖のようなヘアー。
【シックでエレガントで、でもナチュラルを装ってる】す・て・き
今回も 行きつけの美容室に行きました。5回目かな?

凄いカットの仕方でしょ〜〜。乾かし方も真っ逆さまになって斬新ですよ。

仕事へのインスピレーションもどんどん湧いてくる。嬉し楽し。ナチュラルビューティーライフとは、心地良さですね。
ファシオール084.927.1848